アツログ

つけめんは、ひやもり派のあつもりです。おすすめのガジェットだったり、食だったり、プログラミング、競馬予想などの雑記をあげていきます

アツログ

山手線最新車両についてまとめてみました

あとで読む

f:id:AshG:20170615143501j:plain

 

話題になってから、そろそろほとぼりが冷めてきた、最新の山手線車両ですが

今まではタイミングが合わず、中々乗車することができませんでした。

ですが、勤務地が変わり、気が付いたら、ここ数日毎日乗車していたので

気になって調べてみました。

新型車両E235系の概要

だれもが馴染みがあるであろう、E231系

E231系山手線

や、E233系(山手線では導入されておらず、中央線、京浜東北線等で運転)

E233系中央線

の次世代車両として2015年11月30日から営業運転が開始されていたそうです。

 

特徴

新型になりなにがかわったのかと言うと、まずは見た目です。

ネットでは、「電子レンジみたい」、「公衆電話みたい」等々不人気な評価が多いですが

私は、ずんだもちみたいでオシャレな近代的デザインでいいなぁと思ってます(笑)

ですが、通勤で使うサラリーマンからすると

見た目よりも内装のほうが気になるかと思います。

座席

グリーンの市松模様になったシートバックと、グレーのシートクッションとなっており、明るく感じます。

また、座席幅が各席1cm広くなっているようです。

たしかに、座ってみると従来のよりも広く感じました。

手すり

従来の電車の場合、もろにパイプといった感じで、実際はそうでなくても

ぬるぬるしてそう...という理由で、触れたくない人も多かったと思います。

私もそうでした(笑)

ですが、新型車両では、ガラリと変わりました。

表面は小さな凸凹が感じられ、パイプと違いぬるりとした感覚はありません。

凸凹のおかげかどうかは、わからないんですが、さらさらとしている気もします。

また、座席のはじから伸びているパイプがπのような形になっていて、車内を広く感じられることができます。

ディスプレイ

今までは、ドア上にしかディスプレイがなかったと思いますが

新型になってからは、荷棚の上にもディスプレイが3つついてます。

3つのディスプレイを組み合わせた(ただつなげて表示するだけはなく)広告も表示できるようで。

かがくのちからってすげー!

 

まとめ

主に、目に見える部分についてまとめてみました。

最初は、オーバーランや、ドア開閉不具合などのトラブルも多く、ニュースになっていたりもしましたが

現在はソフトウェア改修により改善されているようです。

いちサラリーマンとすると、通退勤時は、ただでさえ元気がない中の満員電車なので

座席が広くなったり、気持ちだけでも、車内が広く感じるのはうれしいですね。

今年の5月22日から量産車の投入がはじまり、2020年春頃までには、E231系との置き換えを完了させる予定とのこと。

E231系については、中央・総武緩行線にて運航が続くようです。

その他、目に見えない部分での最新技術(INTEROS)等が気になっているので

別の機会にでもまとめるなり、調べてみたいと思ってます。