アツログ

つけめんは、ひやもり派のあつもりです。おすすめのガジェットだったり、食だったり、プログラミング、競馬予想などの雑記をあげていきます

アツログ

居酒屋紹介記事にアドセンスを貼り付けても問題なし?

あとで読む

瓶ビールのイラスト

GoogleAdsenseのポリシーには、禁止コンテンツとして「アルコールに関連したコンテンツ」というものがあります

ですが、私のブログでは食べたものの備忘録がありますが

お酒も飲むため大丈夫なのかどうか

不安になるときがあります。

その不安を解消させるためにも、調べてみました。

居酒屋紹介記事へのAdsense貼り付け

Adsenseコンテンツポリシーでのアルコールの取り扱い

Adsenseコンテンツポリシーでは以下のように記載されています。

アルコールに関連した特定のコンテンツを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されません。たとえば、次のようなコンテンツが該当します。
  • アルコール飲料のオンライン販売。
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒の宣伝。

販売や、過度な描写をしなければよかと??

居酒屋紹介なので、販売ではないからこれはクリア

飲みすぎて顔真っ赤になった写真を使用するのはちょっと微妙なところですね...

じゃあ、飲んだお酒の写真はどうでしょう。

人によって飲酒量の違いもありますが、5枚以上もあげると過度の飲酒として捉えかねられない気もしますね。

許可されるコンテンツ

読み進めていくとこんな記載もありました。

アルコール
許可される
  • バーやパブの店舗案内
  • アルコール飲料会社がスポンサーになっているイベントを宣伝するページ
  • アルコール関連ブランドの商品を宣伝するページ
  • アルコール飲料の生産や製造に関連する情報を含んだり、商品を販売したりするページ
許可されない
  • アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒を宣伝するページ

 

* これらは一例にすぎず、他にも該当するケースがありますのでご注意ください。

ほうほう。つまり、居酒屋紹介はセーフになるわけですね。

ですが、べろんべろんの顔写真や、飲んだ量すべての写真に関しては、許可されないコンテンツに該当してきそうですね。

また、許可されないコンテンツに気になった記載が。

アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ

飲んでみておいしいとおもったお酒のアフィリエイトはNGになるのかしらという疑問が出てきました。

コンテンツポリシーには、オンライン販売NGと記載はされていますが、アフィリエイトは販売というとまた違うような気も。。。

調べてみると、やはりNGになる可能性が高そうですね。

ですが、可能性が高いというだけで、明確な答えはよくわからないままでした。

Adsenseって問い合わせできましたっけ?機会があれば聞いてみようと思います。

でも、あえて藪蛇して違反になるのはもったいないので、触れないようにするか、Adsense広告を出さないようにしておいたほうが無難ですね。

まとめ

自分なりに、まとめてみると以下になります。

 

OK:居酒屋や、ビールイベントの紹介

OK:アルコール飲料写真の適度な枚数の掲載

NG:のんべえの写真

NG:アルコール飲料写真の過度な枚数の掲載

NG:アルコール飲料のアフィリエイト

 

何事も、用法容量をまもることが大事ということですね。

お酒は楽しむものであって、つらくなるまで飲むものでもないですからね。