アツログ

つけめんは、ひやもり派のあつもりです。おすすめのガジェットだったり、食だったり、プログラミング、競馬予想などの雑記をあげていきます

アツログ

【競馬】2018/2/4(日) 東京競馬場開催の東京新聞杯GⅢの予想をしてみた【三連複的中!!】

あとで読む

競馬

みなさま、おはこんばちは。

気がつくと予想で深夜3時になっているあつもりです。

未だ雪が残っていた東京競馬場ですが、2月4日には第68回東京新聞杯(GⅢ)が開催されます。

はりきって予想していきましょう。

3連単が当たらず、マイナスが膨らむ現状を打開したい。。。

第68回 東京新聞杯(GⅢ)4歳以上を予想してみた

東京競馬場 1,600m(芝・左)のコースから考察してみる

東京競馬場コース立体図(左回り)

東京競馬場芝コース高低断面図立体図(左回り)

向こう正面の奥からスタートとなり、250mほど、緩やかな下りとなります。

3コーナー手前で一旦坂を登り、また、下りとなりコーナーに入っていくため、息が抜けず、上がりが掛かる傾向のようです。

となると、スタミナ、底力、スピードが必要になりますね。

逃げ切りは難しそうなため、先行、差しが有利になると思います。

過去10年の脚質から考察してみる

逃げ:3-1-0-6
先行:3-2-5-24
差し:4-3-3-49
追込:0-4-2-41

このデータからみても、先行、差しが有利ですね。

過去10年の枠から考察してみる

1枠:1-1-4-12
2枠:1-2-0-14
3枠:4-2-0-13
4枠:3-0-2-14
5枠:0-2-1-16
6枠:0-1-2-16
7枠:0-2-1-17
8枠:1-0-0-18

内枠が若干有利ですかね。

過去10年の馬番から考察してみる

1番:0-1-3-6
2番:2-0-1-7
3番:0-2-0-8
4番:0-1-0-8
5番:2-1-0-7
6番:3-1-0-6
7番:2-0-2-6
8番:0-0-1-9
9番:0-1-0-9
10番:0-0-2-8
11番:0-1-0-8
12番:0-0-1-8
13番:0-1-0-8
14番:0-1-0-8
15番:1-0-0-7
16番:0-0-0-7

8番、9番の複勝率が10%とひくいため、消してしまってもいいかもしれないですね。

 

2018/02/02 追記

なんだか、すごい枠順になりましたね...これは配当にも期待できそうな雰囲気

東京新聞杯枠馬番

出典:netkeiba.com

過去10年の年齢、性別から考察してみる。

4歳:4-3-3-23
5歳:2-3-6-32
6歳:4-2-0-26
7歳上:0-2-1-39

牡・騸:8-10-10-109
牝:2- 0- 0- 11

5歳馬がいい成績を残していますが、勝率や、複勝、連帯率を見ると、4歳馬のほうが上ですね。

7歳以上は複勝率も7%ほどですので、消してしまっていいと思います。

性別は牡騸が圧倒的ですが、2勝している牝馬もいるので、牝馬だから消しとはできないですね。

予想オッズから考察してみる

東京新聞杯201801291647時点予想オッズ

出典:netkeiba.com

実績のある、グレーターロンドンが1番人気ですね。

確実に馬券圏内には入ってくると思います。

が、僕としてはサトノアレスに入ってきてほしいところです。

まとめ

過去10番人気以下の好走もありましたが、単勝100倍以上は絡んでいないので、いい具合の穴を見つけながら、予想していきたいと思います。

配当でみると、過去いい具合に荒れているので、確実に買うと思います。

1月は結局一度も巻き返せずでしたからね。。。

ここで、精神安定がほしいところです(笑)

あつもりの印

◎:③サトノアレス

○:⑯グレーターロンドン

▲:⑮ダイワキャグニー

△:⑦クルーガー

△:⑩ダノンプラチナ

△:④ディバインコード

△:②デンコウアンジュ

☆:⑭ストーミーシー

 

内枠有利ということもあり、サトノアレスを本命に。

そして外枠でも、グレーターロンドンは確実に差しを決めてくるであろうと考え、相手にしてます。

馬券

③-⑯⑮⑦⑩-⑯⑮⑦⑩④②⑭

の3連複で行きたいと思います。

 

ただし、馬場の様子次第で、印通りに買わない場合もあります。

前日のレースを見る限り、先行馬がそのまま行ってしまう可能性が出てきたためです。

 

10Rまでの様子を見て確実につかみとりたいと思います。

 

2018/02/05 追記

案の定直前で印をがらりと変え、こうなりましたました。

◎:③サトノアレス

○:⑮ダイワキャグニー

▲:⑯グレーターロンドン

△:⑦クルーガー

△:⑧リスグラシュー

△:①アドマイヤリード

△:⑨ハクサンルドルフ

△:⑩ダノンプラチナ

 

サトノアレスはブレなかったんですが、グレーターロンドンの松若騎手に不安があり、印を落としました。そして、ダイワギャグニーを繰り上げ。

さらには、リスグラシューがパドックでとても良く見えたこともあり、印をつけた次第です。

確実につかめてよかった...